開催実績

【くちビル】サロン交流事業 at 山形県米沢市

こんにちは、山形在住スタッフの藤川です。
私は山形県の北の果て、「遊佐町(ゆざまち)」というところに住んでいます。今回の開催地である米沢市は、なんと最南端。縦になが~い山形県を縦断してお邪魔しました!

今回は、米沢市の高齢福祉課主催の取り組みとして、講師である言語聴覚士(以下、ST)の方々と一緒につくりあげたイベントとなりました。STの方が感じている地域の課題感からどの競技を行うのかを考え、競技ごとにSTの方によるお口のレクチャーを行っていただきました。

また、山形県ならではのアイスブレイキングゲームやオリジナルトロフィーの作成、さらに景品もSTの方が考えてくださった、米沢市ならではの物がそろいました!

前日、スタッフの方から「米沢市民はちょっとシャイで、盛り上がるのに時間がかかるかもしれない」と聞いていたので、盛り上がってくれるかドキドキしていたのですが、開会式前のアイスブレイクからヒートアップしすぎて、ルール説明が聞こえない!?くらいまで盛り上がってしまいました。(どこがシャイやねん!) 

当日は午前・午後の2部開催となり、計70名以上の方が参加してくださり、午後の部では、「30人の黒ひげペロリレー」で全国ランキング2位という好成績も出て、熱気に満ち溢れておりました。米沢市のみなさま、最初から最後まで大変盛り上がってくださり、ありがとうございました!!

くちビルディング選手権の内容は、言語聴覚士さんが日々行っている支援内容と親和性が高く、今後も様々なコラボレーション企画を考えていきたいと思います!

一覧に戻る

カテゴリーから探す

最新記事を見る

開催を希望される方へ

くちビルディング選手権を開催したい地域や団体を募集しています。
詳しく知りたい方はぜひ!お問い合わせください。

お問い合わせ